にゃんコイナーのブログ

仮想通貨、日常の記録、備忘録、簡単に稼げる方法、激裏情報の評価などをまとめてゆきます。

「NeoTracker」をローカル環境で作成する方法

f:id:neko_nyan_cat:20180126194211p:plain

 

THEKEYのICOに参加するにはNEOをウォレットから送付する必要があったため、NEOウォレットの作成を試みました。

 

f:id:neko_nyan_cat:20180126193843p:plain

 

まず、最初に作成しようと思ったのは「NEON」でしたが、これはwindowsが64ビットでないと利用できないため、対象外。

 

次は「neo-gui」でしたが、こちらはインストールは出来たのですが、ブロック高の同期が終わらず、公式サイト

github.com

から、「chain.acc.zip」をDLして同期の高速化を試みましたが、なぜか途中で止まってしまい、同期が完了できませんでした。

 

最後に手を付けたのが、「NeoTracker」でしたが、こちらはウェブウォレットで、秘密鍵を偽装されているかもしれないウェブサイトに入力するのが不安だったため、MyEtherWalletのように、ローカル環境で利用できないかを模索しました。

その結果、こちらの公式サイト

github.com

では、ウォレットを「neotracker-wallet-1.0.tar.gz」としてダウンロードが可能で、PCのデスクトップに保存後、7zでデスクトップの「neotracker-wallet-1.0.tar.gz」をダブルクリック→「neotracker-wallet-1.0.tar」をダブルクリック→「.」をダブルクリック→「neotracker-wallet-1.0」を「展開」で任意の場所に保存→保存したフォルダの「index.html」をブラウザで開くことによって、ローカル環境でウォレットの操作が可能でした。

ブロック高の同期も必要なかったので、すぐに利用できましたが、残念ながら、「THEKEY」のICOは超絶大人気でサイトにアクセスすることもできずに終了してしまいました。

残念です。

ですが、もし次回NEOが必要なICOに備えて準備ができてよかったかもしれません。

じゃ